2005年10月15日(日)  22:29
   散々迷いましたが、今日ようやく来年の研修先に願書を送りました。事前に内定(?)はいただいているので、今日投函した手紙が無事届きさえすれば、来年は出身大学と縁を切り、住み慣れた関西を完全に離れることになります。
   初期研修の病院を決める時には地域はどこでもいいと思っていて、ここまで悩まなかったのですが、後期研修の病院となると、今後の人生に直結してくるので、どの地域の病院にするかということは意外に大きく感じられました。
   関東で単身ちゃんとやっていけるかな?僕だけかもしれませんが、関西人にとって関東は外国並みに遠く感じる地域です。数年後には関西弁が自分の中から消えてたりするんでしょうか?想像もしたくないですけど…。
   まぁでも、自分の目で実際に見てきた15個ほどの病院の中では、自分のやりたいことに一番近いと感じた病院なので、今からとても楽しみです。来年向こうに行って、恥ずかしい思いしなくていいように、残り2週間の小児科研修しっかりとがんばろうっと。

2005年10月3日(火)  21:50
   小児科のローテーションも3ヶ月目に突入しました。義務の2ヶ月は終わり、選択としての残り1ヶ月です。少し気分的にも余裕が出てきた感じなのですが、でもやっぱりまだまだいろんなことに振り回されている毎日です。
   昨日から研修医3人体制となったので、楽になるのかと思いきや、昨日・今日と1人ずつ入院が来ています。ほんとに楽になるのは来週くらいからでしょうか。まだバタバタと病棟を駆け廻る日々は続きそうです。
   小児科の仕事量自体はそれほど多くはないと思うのですが、成人と同じことをするにも時間と手間がかかるんですよね。採血1つにしても2人3人がかりだし、検査に連れて行っても途中で暴れてしまってまた後でやり直しになったり…。子供は憎めないんですけど、正直時々イラっとすることはあります。
   また、先月あたりからいろんな場で発表させられることが増えて、そちらの準備なども忙しかったです。先月はNICUの勉強会で2回しゃべらされましたし、今月は1週間後に伏見医師会での講演と月末あたりに「卒論」が控えています。さらに12月には内科学会の地方会で発表することにもなっています。いろいろ準備しないといけない状況なのですが、かわいい子供たちの笑顔に癒されながら、現実逃避の日々です。
   来週の準備ほんまぼちぼちしないといかんな。
   
   ほんと久しぶりの更新となってしまったことをこの場を借りてお詫びします。

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー