2005年6月30日(木)   22:14
   おとといは当直、昨日は病棟の飲み会でした。
   当直は準夜帯が大雨だったせいか最初の患者さんが来たのは夜の9時頃。そこから雨が降り続いてくれたらいいものを、雨が上がってしまったようで、微妙な時間間隔を置いて何人か来てくれたものだから、結局寝られたのは3時間ほど。当直明けの昨日は、睡魔との闘いでした。
   昨日は、ふつうに仕事をしていたら、夕方の6時前に脳外科の病棟の看護師さんに飲み会があるという話を聞いて、二つ返事でO.K.しちゃいました。基本的によっぽどの用事がない限り断らないようにしているもんで。
   昨日は非常に楽しかったです。あんまり入り浸ってはいない病棟なもんで、看護師さんの名前もほとんど覚えていなかったので、行って楽しめるのかなという不安も多少あったのですが…。結局、2次会のカラオケにまで引っ張っていかれて、帰ってきたのは夜の2時すぎ。もう疲労度マックスです。
   昨日は、今週末と来週末、遊びに行ったり、飲みに行ったりする約束までしちゃいました。僕のことをいいって言ってくれてる看護師さんを連れてきてくれるという話なのですが、どうなんでしょう?っていうか、そんな人いるんかな?

2005年6月27日(月)   22:23
   患者さんには、今すぐにでも退院したいと訴える患者さんと、なかなか退院したがらない患者さんとがいます。どっちも度が過ぎると、なかなかの困り者です。
   最近よく悩まされているのは、後者のタイプです。退院が目前に迫っているにもかかわらず、退院後の生活になかなか自信がもてないのか、毎日いろんな不安を口にされます。その内容が毎日結構似通っていて、毎日同じような説教をいただいております。非常に不快な小一時間で、時々語気を強めて半ば怒り気味で反論することもあります。いかん、いかん。
   今日はその患者さんとの中身のない議論に1時間半ほど取られてしまいました。おかげで、他の担当患者さんの診察が少しいい加減になってしまったのか、気づけば今日1日聴診器を一切使いませんでした。呼吸器科回ってるはずなのになぁ…。
   今日忙しかったもう1つの理由は夜の緊急オペ。夕方4時前に神経内科の上の先生から、脳外科のオペに入ってほしいという内容の電話がかかってきました。今日は脳外科のスタッフの人数が少なかったそうで、全く脳外科の知識のない研修医が2人目として召集されてしまいました。清潔で入ったものの、やったことと言えば糸結びとバイポーラーのスイッチ踏みくらいなんですけど…。ほんとに必要だったのでしょうか?
   明日は当直です。平和な1日であることを願うばかりです。

2005年6月26日(日)   21:58
   今日は昼から髪を切りに行ってきました。おかげでだいぶさっぱりしました。
   ここ藤ノ森の地に引っ越してきて、いろんなものを開拓してきましたが、今日になってようやく美容院の方も開拓しました。iタウンページで適当に検索して、近そうでよさげなところに電話してみてから、実際に行ってみました。
   最初はカットだけのごくごく軽い気持ちだったんですけど、店員さんに勧められるまま、生まれて初めてのパーマなるものに挑戦することになりました。パーマって言っても、トップとバックにかけただけで、パーマかけると日々のセットが楽になると言われたので、勧められるままパーマをかけてもらいました。
   全部で2時間もあれば終わると思っていたら、結局3時間あまりの時間を要してしまいました。まぁでも、出来上がりが予想以上によかったので、満足です。

2005年6月25日(土)   22:31
   何を思ったのか、先ほどから自分のページを見返してます。こんなページあったっけとか、こんな凝った作りにしてたっけと思うことが多く、我ながら驚いています。
   我ながらあまりのマメさに感心です。水泳の練習メニュー、試験対策のページ…。よくこれだけやりました。確かにこのページを客観的に見たら、この製作者はすごい人に思えてしまいますね(笑)。実情は全然違うのになぁ…。ちょっと背伸びしすぎですわ。
   
   今日は朝から泳ぎに行ってきました。先週、プールの閉まる2時間前くらいに行ったら激しく混んでいたので、今日はそれを避けようとプールの開場時間の直後に着くように出かけました。でも、プールは開場時間からすでに混んでいて、いつも使っている上級者コースはすでに人が溢れそうな状態。しかも、全然上級者じゃない人がそのコースで泳いでいて、あまりにも泳ぎにくそうだったので、隣の中級者用のコースで泳ぎ始めました。
   Up 100×6 on2'、Kick 50×6 on1'10"、Pull(Hypo3) 400、Forming 50×6 on1'30"と、メイン前までは珍しく予定通りにメニューが進んでいきました。メインは個メのSwim 100×5 on2'をやろうと思って、1本目を泳ぎ始めたのですが、同じコースで泳いでいる人があまりに遅く、とてもメニューを回しきれそうになかったので、メインは1本やっただけで終わり。結局、今日は2000m泳いだだけで帰ってきました。
   来週あたりはもう少し早起きして、京大医水の朝練にご厄介になったりしようかな?受け入れてもらえるか、自分にあった回しがあるかは疑問ですが…。

2005年6月23日(木)   23:26
   循環器・血液内科を去ってから、早3週間あまりを経過しましたが、諸所の理由によりいまだに担当している患者さんが1人います。1日に3回顔を出しに行かないと、病棟から「患者さんが呼んでいる」と電話のかかってくるほんとに手のかかる患者さんです。でも、最近になってようやく心の交流ができつつあるような気がします。
   5月31日の時点で受け持っていた循環器・血液の患者さんは、この患者さんを除いて、他の先生に託したわけなんですが、その後も時間のある時は週1〜3回ほど顔を出すようにしています。カルテを大してチェックもせずに、気楽な気持ちで顔を出されて、今現在の主治医から見ると、ほんとに迷惑な話なんでしょうが…。
   そして今日、そんな手放した患者さんの1人が看護師さんに「担当の先生が変わってから、先生が来てくれる回数が減って、寂しい」と漏らしているという話を耳にしました。僕は自分のやっている医療にまだまだ自信がないので、その自信のなさの裏返しで訪室の回数を増やしているだけなのに、それが後任者を苦しませている。きっと後任者の方が、医療者としては立派で正当なことをやっているはずなのに、患者さんの目にはそうは映らない。皮肉なもんです。
   こう書くと、自分はあまりにも善人のような感じですけど、決してそうではありません。循環器の時に受け持っていた患者さんで、最初にルート取りを失敗してから、その後2度とまともな口を利いてくれなくなった患者さんもいました。受け持ちを外れた後も、エレベーター内でたまたま会って話しかけたりすると、ルート取りに失敗した場所を指して「あんたにやられたところ、まだ痛いんやけど」って言われたこともありました。
   “良好な医師-患者関係”って簡単に言われますけど、ほんとに難しいです。

2005年6月22日(水)   22:26
   今日は平和な1日でした。現在回っている呼吸器・神経内科は無駄にカンファレンスが多くて、水曜日以外の平日全部に何かしらのカンファがあります。やりすぎです。と言っても、木曜日の神経カンファ以外は緊張感のあまりないものが多いのですが…。
   今入院患者数は11人。変動が全然なく、特に大きなイベントもないため、今日はものすごい楽な1日でした。こんな日はつい朝からだらだらと過ごしてしまって、やらないといけないことが後回しになってしまったり、やらんでもいいことをやったりして、結局終わった頃には外は真っ暗。たまには明るいうちに仕事を終えたいものです。
   そんなやらなくてもいいことの1つに、小児科の患者の子のお相手があります。毎日よく行く病棟の1つに小さい男の子が入院してるのですが、ナースステーションでその子の姿を見ると、ついつい手を出してしまいます。一緒に遊んでみたり、食事の介助をやってみたり…。端からみると、とても無駄な時間なんでしょうが、自分にとっては心安らぐ一時なんですよね。やめられません。

2005年6月20日(月)   23:28
   患者数がなかなか減りません。週末10人にまで減って、少し喜んでいたのですが、また1人増えちゃいました。新患が入ると、問診とって、診察して、診療計画書を書いて、必要な検査や薬をオーダーして、対症指示を書いてと、やることが多くて大変です。予定入院であればともかく、緊急入院の場合はてんてこ舞いに近いです。
   今日の1人も緊急入院でした。上の先生の外来に来られた患者さんだったのですが、「新患入ったので、よろしく」という連絡が上の先生から入ったのは、患者さんが入院してからでした。看護師さんに催促される前に、上記の必要なものを揃えられたらいいんですけど、なかなかそこまではいけません。これも慣れなんでしょうけど…。
   明日は、朝の7時半から神経のカンファレンスがあって、化学療法を行う患者さんが1人いて、血液のクロスマッチの実習が夕方からあって、夜には病棟の看護師さんの送別会です。明日も忙しい1日になりそう…。

2005年6月19日(日)   19:59
   昨日の当直は暇々でした。夕方の5時すぎから8時頃まで立て続けに3人来てからは、ぴたっと患者さんの足が止まって、次に事務からの電話で起こされたのは朝の6時前でした。おかげでよく眠れました。
   よく寝れたので、体力的にも十分だろうと思い、病棟での仕事を午前中に片付けた後、2時すぎからプールに泳ぎに行くことにしました。いつも行く時間よりも遅かったせいか、プールの中は混み込みでした。25mの短水路のプールに、1コース5〜6人。正直過飽和な状態です。
   それでも、アップ 100×5 on2'、キック 100×5 on2'30"をやり始めたのですが、ツンツン後ろからつつかれたり、前の人に追いついてしまったり、自分の出ようとするタイミングで他の人がターンしていったり、なかなか思うようにはさせてもらえませんでした。そういった環境の悪さに加えて、徐々に体がだるくなってきて、1回上がってプールがすくまでサウナで待つことにしました。
   しばらくすると、プールはすいてきたのですが、今度はプールに戻ろうとする足が遠のいてしまい、結局1200mほど泳いだだけで、今日の練習は終わってしまいました。
   やる気って一度失うと、再び出すのは大変なもので、今日はまさしくそんな感じでした。今思うと、3年前の8月6日もそんな状態だったのでしょう。あの時は、このやる気喪失をそのまま2年間引きずってしまいましたが、今日のは今日限りで終わるでしょう。って言うかそうなってもらわないと困ります。
   泳ぎに行った後、少し前からゲットしたいと思っていたものを買いに行ってきました。
   うちの病院の近くには、コンビニ、スーパー、定食屋、飲み屋、本屋、CDレンタル屋、写真屋などいろんな店が徒歩圏内にあるのですが、ただ1つないのがCDショップ。今日もプールからの帰り道、2時間ほど原チャで探し回った挙句、ようやく見つけました。でも、このCDショップ、寮から原チャで10分ほどの遠さなんですよね。ちょくちょく行くには遠すぎます。もっと近くにないものなんでしょうか?
   今日ゲットしたのは、小田和正の『そうかな』。11曲中10曲にタイアップがついていて、半分以上の曲は知っているという状況で、大きな発見というのはないのかと思いきや、アレンジが全然変わっている曲があったりして…。これからしばらく聞き込みたいところです。とりあえず今夜は流しっぱなしかな?

2005年6月18日(土)   14:27
   今日も朝病棟からの電話で起こされました。あまりにも寝ぼけていて、それが電話越しに伝わってようで、後で行きますと伝えたら切られました。もう少しゆっくり寝かせてもらいたいものです。
   今日はこの後3時間くらいすると当直です。土曜日の当直は忙しいという風の噂を聞いたので、少しビクビクしていますが、なるようになるでしょう。っていうかなってもらわないと困ります。
   朝の電話の後、しばらくしてから病棟に行ったのですが、土曜日だというのにみんないろいろ問題を起こしてくれて困りものです。昼頃帰ってきて、その後買い物にちょこっと行って、3時頃再出勤という予定を立てていたのですが、もろくも崩れ去りました。
   今週は入退院があまりにも激しく、めでたく受け持ち患者数が10人にまで減ったのですが、その分5個くらい退院サマリーがたまっています。今日と明日くらいで片付けたいのですが、それも無理でしょうかね?でも、今日中にやれる範囲でやるとします。
   受け持ち患者さんの家族がそろそろ来られるとのことなので、シャワー浴びて、また再び病棟に戻るとします。初対面だから、少し緊張です。その患者さんに「そろそろ受験を控えた孫に、勉強するよう言ってもらえないやろうか」って言われてるんですけど、こんなのも医者の仕事なんでしょうかね?

2005年6月17日(金)   23:07
   今週は火曜&水曜と飲み会に行ってて、木曜&土曜は当直。今日みたいに夜の貴重な時間をおうちでゆっくり過ごしているのは4日ぶりです。全然掃除とかもしてなくて、汚い、汚い我が家ですが、部屋の壁一面に貼った自分の撮った写真を見ては癒されています。やっぱりガクアジサイは素敵です。
   昨日の当直は悲慘でした。夕方の6時頃から朝の6時頃まで10人ほどの患者さんがやってきて、途中寝られたのは2時間ほどでした。おかげで今日の医局会は8割方爆睡でした。麻酔科の撤退に関する重要な話が行われているのに、1人椅子に座って、コックリコックリしてました。
   昨日はどういうわけか20歳代の若い方が多く、自分より年下の人も何人かいてました。主訴で特に多かったのが腹痛。腹痛の鑑別って難しいんですよね。寝ぼけた頭を賢明にひねって考えても、全くいい考えが出ないひとコマもありました。
   基本的に初対面の相手を人見知りしてしまう方なんで、なかなか外来の時ってかける言葉が思い当たらないことが多いんですよね。上の先生にサポートしてもらってばっかりです。
   ほんとにやばい疾患だけを簡単な検査で除外して、痛み止めとかの対症療法だけして、家に返す場合が多いため、翌日の外来に来てないか、あるいは外来に来て見落としてはいけないような疾患と診断されていないかとかといったことが心配になるもので、今日の昼前の比較的時間のあった時に、昨日救急外来で見た患者さんのカルテをチェックしたりしていました。
   今日はこれからおうちでゆっくり眠れますが、明日は再び当直です。昨日よりは患者さんが少なくて、眠れる時間を確保できることを願うばかりです。

2005年6月13日(月)   22:38
   自分に医者という仕事は合ってるのだろうか?最近よく考えてしまいます。
   患者さんのところに毎日2〜3回行っては、診察して、雑談して…。診察している時間よりも、患者さんと笑い話したりしている時間の方がずっとずっと楽しいんですよね。気づいたらろくに診察もせずに、雑談だけしている時もあります。こんなんで医者と呼んでいいのでしょうか?
   状態の悪い患者さんから説明を求められても、悪いことを率直に言うだけの度胸はなかなかなくて、真実を少し和らげた“ウソ”を言ってしまうことが多いです。完全に事実と違うことを言うことはないのですが、でもほんとのことはなかなか言えずにいます。自分ってほんとに弱い存在です。
   
   病院のベッドで1人寝てるだけの入院生活というのは、意外と孤独なものです。昨年、膝の手術で入院した時に思い知らされました。手術の日以外、主治医の先生が顔を出してくれるのは朝の包交のほんの1、2分だけ。いろいろ質問したいことがあるのに、何も言えないまま、言えても1つの質問だけしたら、先生は自分のもとを離れていきます。
   こういった患者への接し方が100%悪いとは言いませんし、こういった接し方を望んでいる患者さんもひょっとしたらおられるかもしれませんが、僕個人としては自分の入院経験を通して、主治医の先生には1日に複数回来てもらって、話を聞いてもらえる時間を作ってもらいたいように思いました。
   そういった思いから、不必要な寂しさを抱く患者さんが1人でも少なくなってくださるよう、1日2回以上の病棟回診を続けております。最初のうちは患者さんに自由にしゃべってもらう時間をかなり確保していたように思うのですが、患者さんの数が2ケタになってくると、そういった時間を端折りたくなってきて、患者さんの話を途中で切ってしまうことがたびたびです。いけないことだとは思いながらも…。
   こういったことを考えていくと、自分は医者というよりカウンセラーみたいなことを毎日やってるだけではないかという気がしてきます。治療方針に関しても上の先生に教わった通りにやっていることがほとんどですし、種々雑多な手技に関しても満足にできるものは限られてますし、ほんとに医者っぽいことをやってる時間って、ほとんどないのが現実です。
   ある程度は誰もが通る道なんでしょうが、この道が果たして自分に合っているのか、気になる今日この頃です。

2005年6月12日(日)   22:08
   二度寝、三度寝を繰り返した結果、今朝起きたのは8時半でした。朝ご飯食べてから病棟に行ってると、泳ぎに行くのが遅くなりそうだったので、朝ご飯を食べてすぐにプールへと向かいました。
   プールの利用料金が少しだけ割引になるプリペードカードを使っているのですが、そこに印字された最後の日付は5月4日。忙しさにかまけて、こんなにも日にちがたってしまっていたんですね。次は6月中にもう1回あるいは2回行きたいところなんですが…。
   自分の頭の中で一応練習メニューを考えてから、泳ぎ始めたのですが、1人だとどうしても自分に対する甘えが出てしまうもので、メニューは削減されていく一方でした。でも、全部で2100m泳ぎましたし、個メもやったし、個人的には満足です。これからも暇な時は泳ぎに行って、OB戦で多少なりともフツウな姿をお披露目できればと思っています。さて、どうなることやら?
   今行ってるプールにはお風呂が付いていて、そこがお気に入りでもあります。寮はユニットバスで、1人ですし、お湯を貯める気にもなれず、毎日シャワーばかり。時々湯船にゆっくりつかりたくなる時ってあるんですよね。900円という利用料金の中に、銭湯の利用料も含まれていると思ったら、そんなに高くないですしね。
   その風呂場に置いてある体重計に乗ってみると、69.95kg。70kgを切るのは実に数年ぶりです。この4月の健康診断の時に、無駄に本とかを一杯詰めている白衣を着た状態で76kgだったことを考えると、2ヶ月で3〜4kgくらいは減ったことになります。すばらしい。このペースで行くと、夏には適正体重に到達しそうです。でも、毎日の晩酌がその障壁になりそうな感もありますが…。
   大学に入学した時は60kg台の前半くらいだったのですが、水泳部に入ってから、筋肉量の増加とともに体重はどんどんと増えていき、バリバリに水泳をやっていた頃で70kg弱をキープしておりました。早くその頃の体重に戻ってほしいものです。
   プールから帰ってくると、少し頭痛があって、1時間ほど昼寝。目覚めると、頭はすっきりしていて、そこから日曜日の病棟回診。日曜日でやらないといけないことはほとんどないとは言え、12人も患者がいると回るだけでも大変です。明日からまた1人増えますし、またさらにテンパリそうですが…。

2005年6月11日(土)   22:27
   今日、病棟でやらなきゃいけない仕事は特になかったはずなんですが、天気が悪い中、どこかに遊びに行く気にもなれず、たまっていたサマリの処理をしてるうちに、いつの間にやら夕方近くになってしまいました。今日も無駄な1日の過ごし方をしてしまいました。
   病棟から帰ってくると、雨も上がっていたので、夕ご飯を食べに行くついでに、久しぶりにカメラを持って被写体探しに出かけました。狙うはアジサイ。普通の手まり型のアジサイもいいですが、個人的にはガクアジサイに完全にはまっています。
   病院の近所には、アジサイで比較的有名な藤森神社があるのですが、でもこういった有名どころのものよりは、ふつうの民家の前とかに咲いているアジサイの方がキレイに見えるもので、チャリに乗りながら近所の散策をしてました。そしたら、見つかりました、見事なガクアジサイが。また、何回か撮りに行こうっと。
   明日は少し天気もよさげなので、久しぶりに泳ぎに行きたいものです。そのためにも、朝の病棟回診を早めに終わらせたいものです。そううまくいくかな?

2005年6月10日(金)   23:02
   今日も昨日に引き続いて平和な1日でした。週末もこのまま平和だったらいいのですが、いかがなもんでしょう?
   それにしても最近はよく飲んでいます。先週末、買い物に行った際に、ビールを6缶買ってしまったことが要因のようです。さきおとといと今日は家で晩酌、おとといは友達と近くの居酒屋で軽く一杯と思ったら小児科&産婦人科の歓迎会に出食わしてしまい、昨日は実習に来てる学生さんを連れて軽く一杯飲みに行ってました。こんなに高頻度で飲むのっていつ以来でしょう?
   でも、そんな不摂生な生活とは裏腹に、体重は減っていく一方です。朝ご飯あるいは昼ご飯を抜く日が多いことが原因なんでしょうが、4月の頭と比べるとズボンのベルトの穴が2〜3個移動してしまいました。きっと体重を測ったら、西医体でメダルを取った4回生の夏くらいの体重になってるんでしょうが、筋肉と脂肪の組成は全然違うんでしょうね(笑)。

2005年6月9日(木)   23:38
   今週は新患が多すぎです。月曜日に1人、火曜日に1人、水曜日に2人。退院してくれる人がいてくれればいいものの、今週退院していくのは明日の1人のみ。右肩上がりで受け持ち患者数が増えています。
   手術と気管支鏡検査、新患2人が重なった昨日の忙しさに比べると、今日は天国みたいなもので、久々に各患者さんのベッドサイドでゆっくり過ごせた気がしました。でも、こういう時間的余裕のある日に限って、面倒くさいことは後回しにしてしまう傾向が強く出るようで、結局夜遅くまで働いてましたけど。
   今週から外科に京大からの実習生が来ているので、今日は仕事の後にその子を連れて食べに出かけました。昨年、自分がしてもらったように。たまたま入った店に、外科の病棟の看護師さんがいて、一緒に少し飲みました。昨年実習で来ていたことを覚えてくれていて、うれしかったです。
   今週も平日はあと1日。週末呼ばれなくてもすむように、明日はしっかり仕事しようっと。

2005年6月7日(火)   22:27
   昨日は当直でした。2時頃まで断続的に腹痛ばかり4〜5人の患者さんが来院された後は、一度も呼ばれることはなく、割と平和な当直となりました。5時間ほどしっかりと眠れたのですが、当直明けというのはやっぱりしんどいもの。なかなか慣れません。
   明日は脳外科のオペと呼吸器科の気管支鏡検査という大きなイベントが2つもあります。テンパるのは見え見えですが、今日はとりあえず明日のことは忘れて、ゆっくり寝たいものです。この2つだけでも一杯一杯なのに、呼吸器の新患が明日また1人あるそうです。上の先生に知らん間に主治医にされていて、どういう患者さんかも全然把握してないんですけど…。
   明日の新患さんを入れると、主治医として持っているのは11人。これまでの最多記録を更新中です。誰か1人くらい退院してくれないかな?でも、退院したらしたで、サマリー書きとか面倒なこと多いですけど…。

2005年6月5日(日)   21:21
   1週間ぶりの日曜日。9人の受け持ち患者さんのところに一通り顔を出して、状態の変化、処方切れ、検査オーダーのし忘れなどをチェックしていたら、いつの間にか昼の2時を過ぎていました。今日も無駄に長い時間を病院で過ごしてしまいました。
   先月は3階の救命救急病棟と7階の病棟の2ヶ所に患者さんがかたまっていたのですが、今は3階から8階までいろんなところに患者さんがいてて、一通り全員のところを回るだけでも一仕事なんです。その道中でついつい先月まで受け持っていた患者さんのところに寄り道してしまって、しれにもまた時間を取らせる要因となっているようです。
   そんな中でも、今日こそは病棟の仕事を早めに終わらせて、1ヶ月ぶりに泳ぎに行こうと思っていたのですが、それも実現できないままでした。次の週末こそは絶対に行きたいものです。
   それでも、この週末もあまり休めないまま終わろうとしてるような気がします。明日からまた新しい1週間ですが、初日から当直というのが何ともうっとうしいところです。あんまり忙しくなかったらいいんやけどなぁ…。

2005年6月4日(土)   24:08
   蛍の光、窓の雪…。どっちも最近はあまり見なくなってしまいました。気候の変化、都市化などによるところが大きいのでしょうか。地球温暖化に対する取り組みのつとして、最近はノージャケット、ノーネクタイというのが霞ヶ関の方で行われているそうですが、それを知ったのは今朝のテレビででした。世間の話題に遅れている感が否めません。
   昨年の自分の日記をふと見てたら、昨年の今頃はホタルの話題が多かったことに気づきました。久しぶりに見に行こうと思ったのですが、1人じゃ寂しいので、クラブの後輩に声をかけて、飲みに行ったその帰り道にちょっとホタル・スポットに立ち寄ってみました。
   あの淡い光を眺めると、どこか癒されてしまいます。可能ならば、街の明かりのない静かな暗い場所でホタルの光に包まれたいところですが、そんなことするためには車と時間が不可欠なので、今日は街中のほのかな光で我慢してきました。
   この短い、短いホタルの季節が終わると、いよいよ梅雨です。雨は嫌だけど、今年もキレイなあじさいがまた見られるかと思うとそれだけが楽しみです。病院にいてる間は天気なんて関係ないのですが、せめて寮と病院との往復を行う数分間だけやんでてほしいものです。

2005年6月2日(木)   23:31
   昨日は当直でした。救急車が3台と割と暇だったのですが、上に付いてくださっていた先生がいろいろと教えてくれる先生で、結構たくさん勉強させてもらいました。今思うと、割と密度の高い当直だったように思います。
   通常の採血やルート採りといった基本的な手技はほとんどできるようになってきたのですが、いまだに苦手意識を払拭できないでいる手技があります。それは動脈血採血。どうもうまく入りません。これまでの通算成績をとったら、きっと楽天の勝率よりもずっと低いことでしょう。上の先生にも「何でできないの?」っていう感じの目で見られ、辛いところです。
   新しい科での生活が始まって2日目。神経内科で4人、呼吸器で3人の患者をいきなり当てられ、結構いっぱいいっぱいです。とは言え、呼吸器の方は新患の肺炎が中心で、最初から自分で診てる分だけ分かりやすいのですが、神経内科の方は退院を待つ方が中心で、引継ぎサマリやカルテ、画像の熟読に時間を取られる今日この頃です。

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー