2001年8月30日(木)
   最近1日おきの更新になっちゃってますね。でも、これは今週に始まったことではないですがね。
   ここのとこ、朝5時に起床して、朝飯軽く食って、朝練行って、みんなと一緒にご飯食べて、(日によってはボックスで遊んで、)家帰って、パソコンいじって、夕飯食べて、バイト行って、風呂入って、11時頃寝るという非常に単純なサイクルで毎日が回っています。再来週からはここに「実習」が加わるかと思うと荷が重いです。
   もうちょっと夏休みが続いてほしいと願わざるを得ません。

2001年8月28日(火)
   1週間のoffも終わり、昨日から練習が再開されました。
   自分の作ったメニューで泳ぐのはやっぱり気持ちいいですが、体がなまって思うような泳ぎができません。楽なはずの練習が、めちゃくちゃしんどいです。こんなもんじゃ9月9日のみのは杯では大したタイムは出なさそうです。
   今日はバイト休みなのですが、明日から4日連続カテキョーで、それが終わったらZ会の添削。うーん、今日のつかの間の休みを大切にしたいですね。

2001年8月26日(日)
   昨日は天王寺へ飲み会に行ってきました。うちから参加したのは3人だけで、全体で30人くらいでした。中でも6回生の参加率が非常に高かったです。
   1週間ぶりにみんなと会えて非常に楽しかったですが、1次会でいささか飲み過ぎてしまいました。2次会はソフトドリンクくらいしか飲まず、3次会のカラオケではみんなが歌っているのをぼーっと眺めてました。
   今日は朝8時半ごろに帰ってきて、半日寝続けました。今さっき起きて、ちょこっと飯を食って、今こうやってパソコンいじってます。
   明日から練習かと思うと、ちょっとしんどいです。ちゃんと泳げるのかな?
   そういえば、昨日晩結構大きな地震があったみたいですね。2次会中で全然気付きませんでした。

2001年8月25日(土)
   最近、家具作りに凝ってます。と言っても、簡単な棚しか作ってませんが。
   市販のラック類は大きさの限られた自分の部屋には大きすぎるので、あらかじめ寸法を測り、近所のホームセンターに行って、材料を調達しては残された貴重なスペースを棚で埋めていっています。あと2つも作ったら部屋がいっぱいになりそうです。
   最近はホームセンターで木材のカットや穴あけまでやってもらえるので、本当に手軽に作れます。皆さんもぜひ一度作ってみてはいかがですか?手作りの暖かさに囲まれて暮らすのも悪くないと思いますよ。
   と偉そうなことを言ってみましたが、実をいうと、日曜大工技術は僕自身あまりなくて、ねじの先が思わぬところから頭を出したりしています。早く作りたいという気持ちだけでやっているので、仕方もないですが。
   ではでは、もうしばらくしたら飲み会に行ってきます。久しぶりなので楽しみです。

2001年8月23日(木)
   最近バイトに追われる毎日です。
   家ではZ会の添削に追われてます。明日が締切だっていうのにまだ6割しか終わってません。「ド・モアブルの定理ってどんなんやったっけ?」とか「区分求積法ってこれで合ってたっけ?」とか、"?"マーク飛ばしながら添削しています。自分の頭が悪くなっていくのと反比例して、問題の難易度が上がっていくので、時間もかかっちゃいます。
   カテキョーもお盆明けから週4回くらいのペースでやっています。8月上旬はバイトを一切やらなかったので、後半巻き返して、水泳部的にお金のめっちゃかかる夏場も何とか黒字で乗り切りたいものです。

2001年8月21日(火)
   昨日はOB戦の片付けをした後、カテキョーバイトのダブルヘッダーだったので、ホームページを更新する気力がありませんでした。せっかくモデムも直ったのに…。
   昨日晩から台風のせいで風が非常に強く、車を運転していたらハンドルを取られかけてしまいました。しかも、昨日片付けが終わった後から頭が痛く熱っぽかったので、かなりやばかったです。
   今さっきまで雨・風ともに小康状態だったのですが、つい今しがたから思い出したかのように風雨が強くなってきました。先ほどまで台風の目の中にでもいたのですかね。分かりませんが。
   もう雷が落ちないことを祈るばかりです。またモデムが壊れてしまうのだけは避けたいですから。雷による被害を防ぐ装置も買ったことですし、大丈夫なはずなんですが、どうも安心できません。
   でも、台風のおかげで水不足が解消され、取水制限が終わればいいのにと願うばかりです。

2001年8月19日(日)
   昨日神戸大のアメンボいっぱいのプールで七医戦がありました。これまで3年間、部誌の行事報告に載っているすべてのイベントに参加し続けてきた自分の暇さ加減に改めて感心してしまいました。
   昨日は泳いだのが2週間ぶりだったのですが、メド継バックで34秒前半が出たり、2個メで2分40秒が切れたりして自分でもびっくりするようなタイムも出ました。どう考えてもあそこのプールは25mないような気がします。1回卒業するまでに実際に計ってみたいものです。
   今日は今からOB戦です。競技の審判長みたいな役をしないといけないみたいで、諸注意&講評で何を言おうか迷い中です。

2001年8月17日(金)
   今日ようやくモデムが直りました。実に1週間ぶりです。これでまた日記帳の更新が毎日できます。と言いながら、明日は七医戦なので、多分帰ってきて書いている時間はないでしょうが…。
   西医体も終わり、幹部も交代し、いよいよメニュー係になりました。さっそく4週間分くらいのメニューを作ってみました。順次打ち込み中です。とりあえず今日は打ち込みの完了した、みのは杯前の2週間分のメニューを公開します。
   作ってみて気付いたのですが、1時間半って結構短いですね。これまでずっと2時間メニューをやってきた影響なのでしょうが、何かあっという間に終わってしまうような気がします。
   まだまだ勉強中の身ですが、1年間よろしくお願いします。

2001年8月7日(火)
   昨日まで福岡は小倉で西医体が行われていたので、今日は久しぶりの更新です。というわけで、西医体のことについて書いてみようかと思います。
   まずは大会前日。新幹線で小倉に移動した後、プールの下見に行きました。露天風呂みたいなぬるい水のプールで、その上スタート台がかなり高くて、まったくと言っていいほど満足の行く飛び込みはできず、明日以降への不安がかなり残りました。また、タッチ板も片側で、2継の正式ラップが出ないことに憤りを感じました。
   そして始まった大会1日目。この日はメド継バックのみ。うちの大学の男子選手の中で最初の登場となるため、かなり緊張するかと思いきや、逆にリラックスしすぎて自分の泳ぎができず、前半無駄に上下動のデカい泳ぎをして、後半バテてしまいました。近医水よりも悪いタイムしか出せない自分が情けなかったです。他のリレーメンバーに助けられて、何とか予選8位で決勝進出を果たせたのに、自分のタイムは今シーズン最悪のタイム。他の人たちにも「川崎は日陰に居とけ」とか言わせるハメになってしまいました。
   そうして迎えた午後の決勝。今度は少し緊張して挑みました。自分の持ち味の後半を生かそうと、前半100mのベストの1/2よりも遅いという異様なスローペースで入ってしまいました。その上ターンをしようとひっくり返ると、目の前に迫り来る壁が…。そうです、ここのプールの旗の位置は結構いい加減だったのです。もう頭の中が真っ白になってしまいました。途中隣のコースを見ても、遥か先に足先が見えるだけで1人で孤独に泳いでいる気分になってしまいました。結局終わってみれば、自分のタイムは予選よりもさらに悪いタイムで、今シーズンの最低タイムでした。
   そして自分にとって一番ハードな2日目。6時前に目覚ましで1回起きたものの、部屋の電気をつけた後で2度寝してしまい、2回目に起きたのは7時過ぎでした。集合時間の6時55分を過ぎてしまっていて、頭の中がパニクってしまいました。用具だけ持って部屋を飛び出し、何とか出発前のバスに乗り込むことができました。珍しいものでも見るかのようなみんなの視線を感じながら、バスに乗り込むと「珍念も筆の誤り」とか言われてしまいました。
   1日目の自分の泳ぎに対する不甲斐なさ、朝集合に遅れたことに対する申し訳ない気持ち、決勝に出れるというだけで気を使ってくれる仲間たちに対する感謝の念のすべてをぶつけて挑んだ2継の予選。まるで何かに揺り動かされるように泳いだ50mは26秒19。自分のベストがこの間の2継決定戦で出した27秒95だから、どう考えても速すぎでした。引継ぎによるアドバンテージを考慮に入れても測定ミスではないのかと疑わざるを得ませんでした。
   その1時間半後くらいに行われた200mバッタのタイム決勝。自分ではかなり気持ちよく泳げて、3秒ベストの6位入賞。泳いでいる途中、後で行われる2継の決勝のことが脳裏を横切って、少し飛ばしきれなかった気がするだけに少し残念ではありますが、まあ大ベストは来年までとっておくということで。
   さらに、そのまた1時間半後くらいに行われた2継の決勝。呼吸を1回増やしてしまったものの、予選と決して引けを取らない26秒14。最終的なタイムも近医水を上回るタイムで、非常に満足の行くものでした。この日ばかりは晴れやかな気持ちで寝ることができました。
   そして最終日。この日は100mのバッタのみ。僕は最終組で、その前の組までに1分10秒を切ってきたのはたった1人だけ。自分の目標タイムを切れば自然と決勝は見えてくるので、隣についていこうという消極的な気持ちで挑んだのが運の尽きでした。85mくらいまでは隣につかず離れずの(自分で言うのも何ですが)かなりいい泳ぎだったのですが、最後の最後でバテてしまって、100mバッタ・ファイナリストの夢も完全に消えてしまいました。結果論ですが、もっと積極的なレースをするべきだったと思います。
   そうして熱かった自分の夏も終わり、その後は応援に専念しました。1日目・2日目ともその日の最後を飾るリレーの決勝に運よく出場できたため、応援もまともにできなかったので、応援席の雰囲気が自分にとって非常に新鮮でした。自分的には1日目・2日目の分も応援したつもりなのですが、届かなかった人ゴメンなさいm(_ _)m
   その後行われたレセプションはかなり楽しかったです。1次会でのワイン3杯連続イッキが効いたのか、2次会・3次会はまったく飲む気になれず、Tシャツにいろいろな人から言葉を書いてもらうことに専念しました。先輩に一言を頼みに行こうと移動している途中、後輩の選手&マネージャー、同回生のマネージャーに「書いて」って頼まれるのが非常にうれしかったです。昨年まではほとんど書いてもらうばっかりでしたから。
   一夜明けて、博多へラーメンを食べに行ってから帰りました。全国的にも有名な店であるだけに、めちゃくちゃおいしかったです。これぞ西医体の醍醐味って感じです。

2001年8月1日(水)
   今日は京大プールでの最終朝練後、解剖させていただいたご遺体の遺骨返還式が学校で行われました。久しぶりに着るスーツは肩のところが非常に小さくなってしまっていました。スーツ自信が縮んでいるという可能性はまずないので、バッタのおかげで肩幅が異常に広くなってしまったのでしょうね。また、カッターの首周りもいつもながらきつかったです。
   このように体が徐々に適合進化していっているくらいだから、今年もベストが出ないわけありませんね。というわけで、明後日からの大会の展望(妄想?)を勝手にやりたいと思います。
   まず初日は、メド継の第1泳者背泳ぎ。この間の近医水では1分14秒34でしたが、今回はスタートで0.7秒、泳ぎ自体で1秒、剃毛効果で0.3秒ずつ速くして1分12秒台の前半で泳ぎたいものです。チームの決勝進出と個人でのn傑表3位を目指して。
   続いて2日目。2継の予選、2バタのタイム決勝、2継の決勝と、この日は大忙し(の予定)。2継では予選・決勝とも26秒台の前半を狙いたいものです。この間の2継決定戦では思い通りの泳ぎがあまり出来なかったにもかかわらず、27秒95だったので、今回は引継ぎで0.9秒、泳ぎ自体で0.6秒ずつくらい上げたいものです。また、2バタでは、入賞狙って周りを見ながら、オーバーペースにならないように前半を抑えて泳ぎたいものです。
   そして最終日は1バタ。昨年よりもかなりレベルが下がっているはずなので、決勝狙って前半から積極的に行きたいものです。入りの50mが32秒を切るくらいで、帰りを36秒台で抑えて1分8秒台を出したいものです。今まで1度も帰りの50mで40秒を切ったことがないので、かなり無茶なペース配分だとは思いますが、失うものは何もないので後半バテない程度に責めたいものです。来年のメド継3泳へのよい契機付けにしたいですし。
   それでは、みなさん明日からの4日間がんばりましょうね。

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー